外科 - 公立長生病院

外科

 当院外科では、各種消化器癌と乳腺の手術を中心に、年間約200例の全身麻酔手術、またソケイヘルニア、痔、虫垂炎など年間約100例の腰椎麻酔手術を行っています。

 消化器癌では、胃癌、大腸癌を中心に、食道癌、肝臓癌、胆管癌、膵臓癌など、ほとんどの消化器癌の手術が可能です。腹腔鏡下での手術もおこなっており、胆嚢摘出術だけでなく、大腸癌手術でも進行度に合わせて取り入れています。
 また、年間200例を超える大腸ポリペクトミーは当科で行っており、早期の胃癌、大腸がんに対する内視鏡での粘膜切除術も経験豊富です。最近では、千葉大学病院と連携してITナイフによる胃の粘膜切除術も施行しております。
 吐血、下血に対する内視鏡下血手術、内視鏡的胃ろう造設術、食道ステント挿入、内視鏡的胆道ドレナージなど内視鏡での特殊治療も可能です。

【公立長生病院 外科】
・日本外科学会外科専門医制度修練施設(指定施設)
・日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設(関連施設)



 当院では、消化管穿孔や腹膜炎などの救急症例が多く、緊急手術も随時行っており、重症疾患の集中治療の経験が豊富です。合併症の多い方、高齢の方の手術も多くてがけています。最重症の患者様の場合は、千葉大学病院の集中治療部と連携する体制にあります。
 また、手術だけでなく、腹部血管造影、経皮経肝胆道ドレナージなどのインターペンションについては特に豊富な経験があり、重症膵炎の蛋白分解酵素阻害剤持続動注治療法では、学会をリードする有数の症例があります。

●肝細胞癌に対しては、消化器内科と連携して、手術以外にも、エタノール注入療法、肝動脈寒栓療法、ラジオ波焼灼療法などの各種治療が可能であり、進行度に応じた修学的治療を行っています。

●乳癌については、進行度に応じて、乳房温存術を行っております。放射線治療については、千葉県がんセンター、千葉大学病院、放射線医学研究所に依頼しておりますが、特に放射線医学研究所とは、緊密に連携しており、多数の各種消化器癌の放射線治療を依頼しています。

●ソケイヘルニアの手術がメッシュプラグ法、PHS法などを年間70例以上行っており、手術二日後に退院できます。痔核(イボ痔)の手術はPPH法という術後の痛みが非常に少ない最新の術式を取り入れています。


◆担当医紹介

副院長
阿部 恭久
消化器外科・一般外科
肝胆膵外科・画像診断
日本外科学会専門医、日本外科学会指導医、日本消化器外科学会認定医、消化器外科専門医、消化器外科指導医、身体障害者福祉法指定医(膀胱・直腸、小腸、肝臓)
外科医長
松本 育子
一般外科
日本外科学会専門医、日本移植学会認定医、日本臨床腎移植学会認定医
外科医員
米本 昇平
一般外科