山武夷隅長生地域リハビリテーション広域支援センター - 公立長生病院

山武夷隅長生地域リハビリテーション広域支援センター

 平成19年4月1日から、当病院は千葉県より委託を受け山武、夷隅及び長生地域を対象に「地域リハビリテーション広域支援センター」を開設しています。現在、千葉県内には二次保健医療圏毎に県内9ヶ所の支援センターがあります。

Ⅰ 高齢者の寝たきりを予防するには、脳卒中や骨折などによる障害が起きたとき、病院における急性期から回復期を経て、維持期にいたるまで継続して適切なリハビリテーションが提供され、住み慣れた地域でその人らしく生活できることが大切です。
 千葉県では、リハビリテーションの中核となる「千葉県リハビリテーション支援センター」に千葉県千葉リハビリテーションを指定し、また県下9ヶ所に「地域リハビリテーション広域支援センター」を指定し、各医療機関や保健・福祉施設、市町村、保健所等の関係機関の連携強化・推進し、地域の実情に合ったリハビリテーションの提供を図っています。

Ⅱ 支援センターの事業内容
千葉県リハビリテーション支援センター及び地域リハビリテーション広域支援センターは県の委託を受け、下記の事業を行っています。

(A)千葉県リハビリテーション支援センター
1. 地域リハビリテーション広域支援センターへの助言、人的支援及びリハビリテーションに関する研修等を行う。
2. 関係団体や医療機関との連携を密に行うため「連絡調整会議」等を開催する。
3. 医療・福祉に係るリハビリテーション資源の調査等を行い、その情報等について、関係者やリハビリテーションを利用する者に対し分かりやすく提供する。
4. 地域リハビリテーション関係機関や住民等を対象にリハビリテーションに関する知識や技術の向上等を図るための講演等を行う。
5. 住民及び地域リハビリテーション広域支援センターへの福祉用具、住宅改修等の相談や対応等に係る支援を行う。
6. 講習会の開催やホームページなどを活用し、地域リハビリテーション推進事業の普及啓発を推進する。

(B) 地域リハビリテーション広域支援センター
1. 市町村、健康福祉センター(保健所)及び医師会などの地域リハビリテーション関係機関からなる「連絡協議会」等を開催し、地域リハビリテーション関係機関相互の連絡支援体制を構築する。
2. 地域リハビリテーションに関係機関等に対し保健・医療・福祉に係るリハビリテーション資源の調査・情報収集・提供を行う。
3. 地域リハビリテーション関係機関の従事者に対する技術的支援を行う。
4. 地域リハビリテーション関係機関や住民等を対象に、地域リハビリテーションへの理解を深めるため、研修会・講演会等を行う。
5. 地域リハビリテーション関係機関や地域住民に対し、福祉用具、住宅改修等の相談への対応に係る支援を行う。


●活動予定、活動報告及び講演会の案内等