神経内科 - 公立長生病院

神経内科

 診療科が大きく外科系と内科系に分類されるように、脳・脊髄・神経疾患も外科系内科系に分かれます。外科系が従来の「脳神経外科」即ち「脳外科」であり、内科系が「脳神経内科」即ち「神経内科」です。単純に言えば、神経内科は脳外科の内科版ですので、精神神経科の疾患である、憂鬱、統合失調症などの精神疾患は神経内科の対象疾患ではありません。具体的な対象疾患は、脳梗塞、軽度・中度等の脳内出血、パーキンソン病、多発性硬化症、重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症、筋ジストロフィーなどの神経難病、筋疾患の他、骨膜炎、脳炎などの感染性疾患、脳卒中の後遺症である失語症や行動の異常などの高次機能障害、てんかん、アルツハイマー病、痴呆などです。症状ではしびれ、めまい、麻痺、ふるえ、頭痛、意識障害、物忘れなど様々です。

 神経内科の診断は血液を採ればわかる、CT/MRIを撮ればわかるという単純なものではないことが多く、古典的な詳しい診察と細かな問診で診断を詰めていく過程をとります。CT/MRIや筋電図・脳波などの諸検査はあくまで補助診断の道具であって、基本は丁寧な診察以外にありません。従って新患の方に時間を多く割く必要があり、予約時間を守れないことが多々あることをご容赦ください。また、脳梗塞や脳出血も診療対象ですので救急も多く、この点でも外来診療が中断されることがままあります。


 神経内科は脳神経外科に比べて歴史も新しく全国的にもまた少ない科です。有名になったのはスモン、新潟水俣病などの発見、原因の解明に大きな寄与を果たして以来です。

 神経疾患は一般に難治性で、後遺症が残りやすく、日常生活に目に見える障害が生じるという点で、他の疾患とは大きく異なります。糖尿病や高血圧、不整脈などの合併症をもつ方も多く、気長に辛抱強く病気と向かい合っていく必要があります。