教育・研修

教育理念 

病院・看護部の理念に基づき、社会及び地域のニーズに応えられる専門職業人として、質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成する。

教育目的

  • 常に、科学的根拠に基づいた臨床実践能力の向上を図り、より良い看護サービスの提供を目指す看護職員を育成する。
  • 専門職業人として、自己成長と能力の拡大を図るため、主体的に学習することが出来る看護職員を育成する。
  • 看護を取り巻く社会のニーズをとらえ、地域に貢献できる看護職員を育成する。

教育目標

  • 看護の専門知識・技術・態度を習得し、それらを用いて問題解決する看護職員を育成する。
  • 相手の生命・人格・人権を尊重することを判断・行動の基本にできる看護職員を育成する。
  • 個々を尊重し、お互いを思いやる円滑な人間関係を築くことのできる看護職員を育成する。
  • 院内外の研修や学会活動に主体的に取り組み、自己研鑽に励む看護職員を育成する。
  • 認定看護師や専門看護師などのスペシャリストとして活躍する看護職員を育成する。
  • 院外での活動に積極的に取り組み、地域住民に広く看護ケアを提供する看護職員を育成する