病院理念

私たちは、患者さまの立場に立った良質な医療を提供し、地域住民の皆様に信頼される病院を目指します。

基本方針

  • 1 急性期入院医療、救急医療の充実
  • 2 安全な医療の提供
  • 3 地域医療機関との連携(病診・病病連携)
  • 4 健全経営の確保

病院沿革

昭和26年4月 1町4村の組合立国保病院として病床21床、職員18名で設立
昭和26年12月 結核病床21床を増設
昭和28年10月 伝染病床25床を増設
昭和29年9月 結核病床21床を一般病床へ変更
昭和29年12月 結核病床60床を増床 伝染病床2床増床、合計129床となる
昭和33年10月 結核病床39床に縮小し、一般病床を57床に用途変更
伝染病床と合わせ、合計123床となる
昭和38年3月 本館50床を増床
一般病床71床、結核病床60床、伝染病床27床、合計158床
昭和47年4月 地域の要望に応え、リハビリテーション棟を建設、使用開始
昭和49年11月 結核患者急減のため病床数を52床に縮小し、一般病床は8床増床して79床、伝染病床27床と合わせ、合計158床
昭和53年1月 伝染病床の補修工事を完了
昭和53年12月 新館104床の建設を完了、使用開始 総病床数158床
昭和57年10月 結核患者減少のため、27床を一般病床へ変更
一般病床131床、伝染27床、合計158床
昭和61年3月 伝染病棟廃止 一般病床数131床
昭和63年3月 長生病院組合を解散
昭和63年4月 長生郡市広域市町村圏組合へ移管 一般病床数131床
平成元年3月 100床増床認可される
平成4年3月 C棟増築工事感染 一般病床231床
平成4年4月 C棟使用開始 診療科に脳神経外科、泌尿器科及び耳鼻咽喉科を新設
平成6年9月 B棟改修工事
平成8年3月 B棟北側駐車場整備
平成14年3月 病院進入路拡張及び駐車場整備
平成15年8月 神経内科を新設
平成22年1月 病床数を180床とする
平成23年4月 地方公共団体法の全部適用となる
平成26年3月 新A棟(救急・管理棟)使用開始
平成27年3月 旧A棟解体及び敷地内駐車場整備完了
平成28年2月 電子カルテ導入

病院概要

医療機関名 公立長生病院
所在地 千葉県茂原市本納2777番地
敷地概要 26,482㎡
建物概要 A棟(救急・管理棟):地上3階1 1,698㎡
B棟:地上5階 3,768㎡
C棟:地上6階 7,234㎡
診療科目 内科・外科・産婦人科・整形外科・小児科・皮膚科・眼科・脳神経内科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・脳神経内科・消化器科・麻酔科・放射線科・リハビリテーション科
病床数 一般病床:180床(うち地域包括ケア病床30床)
駐車場 180台
認定施設 日本外科学会専門医制度修練施設(指定施設)
日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本泌尿器科学会専門医関連教育施設